春日神社 お守り(流水柄 白)

御朱印を求めてのご参拝

近年春日神社でも、御朱印を求めてのご参拝を多くいただくようになってきております。

地元の方はもちろん、遠く県外九州や北海道などお伺いするにとても遠くから旅行などでお越しいただいているようで、有り難いと喜びますと共に旅行欲がふつふつと湧いてきてしまいます。

極々稀に国外からの来訪者様もいらっしゃるようですが、何分日本語以外は全くわからないので遠くから眺めるのみになっておりまして。申し訳ない。

そして授与所のない神社の割に、御朱印を求められる方のなんと多いことかと驚きます。

もちろん、大きな有名神社さんと比べると全くですが、それでもこれまで全く無かったことを思うと、土日に各一人御朱印希望の方にお声がけいただけるだけで当神社としましては有り難い出来事となるのです。

平成の御代の内に

本日、次の時代を表す元号が発表されました。

「令和」

となったようです。

令の字の書き方で諸説在るようですが、私の子供の名前にも令の部分がありまして、出生届の際に役所の職員さんから「ここはカタカナのマでは登記できませんので、真っ直ぐ伸ばした令で登記しますね。」と言われ、ああそういうものなんだな、と、自分の子供の名前ながらのんびり受け取っておりました。

早速練習を始めております令和の文字ですが、慣れ親しんだ平成の文字を書く機会ももうそろそろおしまいとなります

同じ神社で平成の元号と令和の元号をいただく方も増えておりますので、この機会に春日神社へ足をお運びいただいてはどうでしょうか。

春日神社の桜も、一週間程度で見ごろとなるでしょう。

平成の元号を記した御朱印をいただけるのも、あと一月となりました。

平成30年_春日神社境内の桜の様子
平成30年_春日神社境内の桜の様子


Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください