天皇陛下のお言葉を受けて

  • 禰宜
  • 08 8月 2016
  •   天皇陛下のお言葉を受けて はコメントを受け付けていません。

天皇陛下に因られますお言葉の発声

本日(平成28年8月8日(月))午後3時より、天皇陛下によられますお言葉が日本国民全員に向けて発せられました。

これを受けて、1人の国民として感じる所感をここに記し、いち日本国民としての今の考えを明確にしてみようと試みます。

禰宜個人の考え

この記事における全ての文言は田中正真個人の考えであり、春日神社や十社会、神社会などとは全く関連しないものです。

もちろん、各種団体や神道理念とも関係がありませんので、ただただ個人の考えだけである事をご理解下さい。

以下を本文とします。

 

私個人としましては、生前退位なる言葉に少し違和感を感じるものです。

また、そこまで強く生前退位を推し進めるものとも捕らえておりません。

日本国の、日本国民の象徴として、ご存命で在らせられる限りはその位を以て我々の象徴たる地位で戴きたいと考えております。

出来る事ならば、退位なるものではない別の方法で、国事行為や宮内庁祭事を皇太子殿下や秋篠宮様にお任せ戴きたいと考えております。

頭の良い方に法律などの事は全くお任せするしかございませんが、それでも、元号が変わるなど今上天皇のお体への変化へと思惑が繋がる事がないようご配慮戴きたいのです。

 

先日、皇后陛下と共に石川県へご来訪戴きました折にも、私はお車を立って見送る事が出来ませんでした。

それほどに、象徴足る位を表現するに十分な現状を、どうにか維持できて欲しいと思うのです。

日本国民としてあるべき、あって然るべき権利のほぼ全てを、天皇陛下をはじめ皇室の皆様は有しておりません。

自由にコンビニに行く事すら、生まれたときから出来ないのが、皇室の皆様です。

これに対して一言も改善を要求される事もなく。

ただひたすら、国民の喜怒哀楽に深くお付き合い戴き、魂や慰霊へと深く繋がり、また国家を統べる宮中祭祀を司って下さいます。

果てる事無く日本国及び日本国民への情愛をもって、お付き合い下さっております。

私のような人間であっても、陛下の思いから外れる事はありません。

今上天皇が歩まれてみえた道筋とは、日本国及び日本国民が胸を張って全世界へと誇れる、素晴らしい、象徴天皇としての位であると考えるのです。

だからこそ、平成の御代は、今上天皇がその命の灯火を持っていらっしゃる間は、なんとしても誇示して戴ければ、と考えるのです。

 

その上で、退位、という事は、避けていただければ、と考えるのです。

 

今上天皇がその位を譲り、天皇としての各種ご公務の全てから解放される事は、私個人も強く願う次第です。

もう十二分に、日本国へ、日本国民へとお尽し戴いていることは明らかです。

だからこそ、少し休養いただきたく願う想いは、おそらく他の皆様と変わらぬ考えでしょう。

ですが、平成の御代は、どうか、ご存命で在らせられる内は、続いて戴きたい、と考えております。

 

お言葉を受けて、軽々にすわ次の天皇などと気軽に話すべきでは無いとも思いますが、国民に向けて考えて欲しいとおっしゃられる以上、十分に皆で話し合う必要があるのは確かです。

生前退位が全てに於いて十分ではないと御自覚された上での、位を退くというお考えでしょう。

 

もう一度、私自身の考えを明確にするために書いてみます。

天皇陛下が、天皇という位を、後継者に任せるという想いに、全く異論はございません。

ただひとつ、平成の御代は、続いて行けば良いな、と考えます。

しかし、次の天皇という位を受けられる皇太子殿下の威厳や風格、また象徴としての天皇を築くに当たって、元号の改元はおそらく避けられないでしょう。

改元は寂しい出来事ではありますが、新しい時代の到来とも言えますので、国民として受け入れるべきである、と自覚しております。

 

また、生前退位に基づいて次の天皇の即位という一連の慶賀行事が行われることになりますが、これを崩御とは別に行えることはとても大切なことである、と、お言葉の中で表されていらっしゃいます。

これも、ご家族や周辺の関係者のことを慮ってのお言葉ですので、ご意向を十二分に受け入れるべきでしょう。

 

ただ一言、生前退位で終えるのではなく、これは譲位を伴う国家国民の一大事である事を、十分に理解して受け入れて行きたいと考えております。

 

以上

田中 正真

 

追記:平成28年8月8日午後8時時点での個人の感想である事を記します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。