今回は70灯

正月、春季例祭、秋期例祭に、各3日から7日間ほど献じられるあんどんの灯火が、この度新たに調製されました。

年間10日前後、春日神社前を照らしてくださるこのあんどんの明かりは、特にお正月のご参拝に見えられる方々にとって足下を照らす明かりとなり、またお祭り毎に献じられることで春日神社に集まる厚い御神徳を表し広く氏子衆はもちろんご奉賛いただく多くの方の思いや願いを照らし出してくれます。

春日神社では日々ご参拝いただける方が昭和時代より格段に増えており、これも相まって今期も70灯のあんどん奉納が叶うこととなりました。

皆様からのお気持ちの表れであるあんどんの灯火ですので、日の落ちた頃に一度ご覧いただけると幸いです。

 

ご奉賛者(順不同)

令和元年10月 あんどん奉納の様子 左
令和元年10月 あんどん奉納の様子 左
令和元年10月 あんどん奉納の様子 中
令和元年10月 あんどん奉納の様子 中
令和元年10月 あんどん奉納の様子 右1
令和元年10月 あんどん奉納の様子 右1
令和元年10月 あんどん奉納の様子 右2
令和元年10月 あんどん奉納の様子 右2

 

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください