感謝の心こそ神社の宝

交通安全ステッカー_平成31年

子を持つ親として 昨今の痛ましいニュースを、全く以て直視できません。 しかし、知らなければならない事で、それを心に留め自らをさらに戒めねばならないと繰り返し心に刻みます。   交通安全とは何か。 社会の平和とは…

この記事を詳しく

増泉春日神社の交通安全自動車浄祓

自動車清祓_平成30年

ご神前でのお参りによって 新しく自動車・バイク・自転車等を購入した際や、自身の交通安全に向かう心の引き締めを図りたい際に、ご神前に詣でて拝礼することで心と体の区切りをしっかりと示す。 これにより、以降のハンドル操作・取り…

この記事を詳しく

新しい御代に

平成31年_児童安全祈願祭

令和の御代を言祝ぎます 皇太子殿下が践祚成され、新しく天皇の位に即位成され本日剣璽等継承の儀を終えられました。 正に新しい時代へと遷り、象徴として坐す天皇陛下と皇后陛下が朝の日の光を受け新しい歩みを進めて行かれます。 &…

この記事を詳しく

現代の家庭の祭りを考える【お札の祀り方】

三社祀り1

家族で神様を祀る意義 何でも出来るし何でも思い通りになると信じて過ごした若かりし日々。 誰にでもあるでしょうし、それが若さの成せる技でもあります。 しかし、家庭を持ち、赤の他人と暮らすようになると、全く以て思い通りに行か…

この記事を詳しく

石坂台(にし茶屋街)の歴史 3

石坂台(にし茶屋街)の歴史 アイキャッチ

その2より 明治から大正・昭和の西の廓と石坂の町 明治期 明治末期以降、西の廓には明確に上町と下町の区別がつくようになります。 上町は高級社交場として独特の気概と社会集団を持つようになり、下町は庶民の遊楽場として手取りの…

この記事を詳しく

石坂台(にし茶屋街)の歴史 2

石坂台(にし茶屋街)の歴史 アイキャッチ

その1より 平和には無く、動乱には現れる その後激動する時代が訪れます。 時代のうねりの伴う明治維新に向かって、人々の心は大きく動揺し経済状況や藩による統制も悪くなる一方だったのかもしれません。 天保4年(西暦1833年…

この記事を詳しく