鷹匠安全祈願祭・放鷹術奉納 無事斎行されました

平成30年 放鷹術奉納 アイキャッチ

多くの皆様にお集まりいただけました

本日は鷹匠安全祈願祭にご参集いただきまして、誠にありがとうございました。

鷹匠安全祈願祭01(平成30年)
鷹匠安全祈願祭01(平成30年)

関係者の予想を覆しとても多くの方に足をお運びいただけたことを関係者一同驚きと共に感謝の気持ちでいっぱいです。

鷹匠の皆様はもちろん、鷹さん達も、人間の数に圧倒されることなく自身の演技を難なくこなしてくれておりました。

参道に溢れる人々の間を颯爽と飛び交う様は、これまで目にしたことのない、誠に優雅な一瞬でありました。

鷹匠安全祈願祭02(平成30年)
鷹匠安全祈願祭02(平成30年)

また今回はご家族でご覧いただいた方も多かったようで、お子様のお姿もちらほらと見えておりました。

子供達が猛禽類たちの姿を目にし、怖がっている様子がとても面白かったと鷹匠さん達もおっしゃっておりました。

子供達の言う通り、彼らは目つきは鋭く怖く、空を飛べば人間が叶うはずのない高さまで飛び上がり、冴え渡る視力で獲物を捕らえ、見事なかぎ爪で捕獲します。

自然界でも食物連鎖の頂点に位置する種族ですので、怖くて当たり前です。

そんな彼らと心を交わし、日常の付き合いから信頼関係を築き、大勢の人前で練習通りの演舞を行う事のなんと難しいことか。

想像に難くありません。

鷹匠安全祈願祭03(平成30年)
鷹匠安全祈願祭03(平成30年)

本日皆様には、人と鳥との信頼関係を間近にご覧いただけたことでしょう。

放鷹術を旨として活動される方々は、「人鷹一体(じんよういったい)」の一家言を胸にしている方が多いと聞き及んでおります。

本日ご参拝いただきました「金沢ホークウイング」さんは、鳥達との信頼関係構築を尊び、感謝感動を後世に伝えて行くことでしょう。

金沢ホークウイングさんはもちろん、お集まりいただきました皆様も、春日神社の歴史の一ページを彩って下さいました。

今後とも皆様始めご家族ご親族皆様のご多幸を心よりご祈願申し上げます。

鷹匠安全祈願祭04(平成30年)
鷹匠安全祈願祭04(平成30年)

 

半年前から準備が始まりました

毎年の恒例行事としてご参拝いただいております金沢ホークウイングさんですが、今年はかなり前からご準備いただいておりました。

多くの方が目にされた安全祈願祭のポスターやパンフレットも、全て金沢ホークウイングさんの手作りです。

文脈の文言などにもお気遣いいただき、完成以後足繁くたくさんの場所へ直に出向いて掲示頒布をお願いしていらっしゃいました。

放鷹術披露に向けての訓練にも余談無く、一週間前からはほぼ毎日神社へ足を運んでいらっしゃいました。

神社側はなにもお手伝いできませんでしたが、今回の成功は全て金沢ホークウイングさんが自ら形にされた物に間違いはありません。

そしてこの記事のサムネイル画像にもしておりますが、鷹匠さんが深く頭を下げていらっしゃったお姿に深い感動を実感したのです。

鷹匠安全祈願祭を終えて全員揃って最後のご参拝(平成30年)
鷹匠安全祈願祭を終えて全員揃って最後のご参拝(平成30年)

今後も県内各所で放鷹術をご披露なさるとのことですので、お時間のある方は是非足を運んでみて下さい。

過去記事(鷹匠安全祈願祭

金沢ホークウイングの皆様、本日はご尽力いただきまして誠にありがとうございました。

 

金沢ホークウイングSNS

Facebook

インスタグラム

Twitter

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。