風疹の予防接種を受けましょう!

金沢市風疹予防接種

金沢市から補助が出ます

風疹の予防接種を受けていない大人の方が問題になっております。

簡単に言うと、昭和54年4月1日以前に生まれた男性は、予防接種を受けておりません

また、昭和54年4月2日から平成2年の間に生まれた方全員は、予防接種は一回しか受けておりません。

予防接種一回で風疹に対する抗体ができる確率は95パーセントとされており(国立感染症研究所)、二回接種した方でも99%で100%の予防ができるわけではありません。

だからこそ、金沢市では「昭和43年4月1日~平成2年4月2日生まれで、麻しんの既往歴がなく、麻しんの予防接種歴がない方」を対象に風疹ワクチンと麻疹ワクチン接種者への助成制度が設けられております。

大人の麻しん風しん任意予防接種費助成について(金沢市)

ここ数年で初老を迎えられた多くの男性が必ず対象になっております。

ちなみに、野々市市は大人の方への風しんワクチン予防接種助成制度は終了しており、白山市も大人の方への風しんワクチン接種助成制度はありません。

金沢市民の大人の皆様、小児科医のお医者様とご相談の上、予防接種受けちゃって下さい。

もちろん、現在進行形で何かしらの病気にかかっていらっしゃる方は十分にご注意いただく必要はございます。

それでも、金沢市が助成を出し続ける程度に事は重大ですので、お値段は張りますが、助成制度を活用し、風しんワクチン(ついでに麻しんワクチンも)を接種して下さい。

 

金沢市から助成を受けるために必要な書類は以下の通り。

「金沢市麻しん任意予防接種費助成金交付申請書(成人用)」

  (口座等を記入・押印してください。)

「金沢市風しん任意予防接種費助成金交付申請書(成人用)」

  (口座等を記入・押印してください。)

領収書の原本

(ワクチン名が明記されたもの。領収書に予防接種名が明記されていない場合は、領収書の他に接種済証などのワクチン名が記載されたものも添付する。)

「風しん任意予防接種」の助成を受ける場合は、

風しん抗体検査結果の写し

または母子健康手帳の風しん抗体検査結果が記載されている箇所の写し

を添付してください。

この他詳細は金沢市役所へご相談下さい。

金沢市風疹予防接種
金沢市風疹予防接種

 

風しん予防接種がもたらすもの

テレビなどでもひたすら注意喚起成されておりますが、風しんに羅漢した人間は、子孫繁栄に向けてとても大きな障害となり得ます。

逆に言うと、風しんを99%抑えることのできるワクチンを打てることはとても幸せなことでもあります。

世界の中では風しんワクチンの接種が必須では無くなったところもありますが、人間同士の交流が国境を大きく越える現代社会において、出来るワクチン予防を疎かにすることは愚者の選択でしかありません。

もちろん、予防接種の中には様々な副作用もありますのでご自身の体に見合う物を、おサイフ事情に合わせて選択していきたいですね。

では風しん予防ワクチンの副作用としてはどうでしょうか。

これに関しても国立感染症研究所 感染症疫学センターさんが纏めて下さっており、とても丁寧な資料を配付して下さっています。

端的に、風しんワクチンによる副作用は他と比べると大変軽微なものであり、中には接種後7から10日後に発熱を伴い、2、3日休まなければならなくなるようですが、ほぼ全て回復できます。

それよりも、アナフィラキシーショックの発生の方が怖いでしょう。(接種後30分ほどは接種した医療機関で時間を潰しましょう。)

 

と言うことで、風しんワクチン接種後は、大人はもちろん、接種した周りの人々もそれ以上の症状悪化やら感の心配をする必要は無くなると言えます。

 

コウノドリからも見る

産婦人科医を題材にした人気漫画に、「コウノドリ」(作:鈴ノ木ユウ)と言う作品があります。

この作品内でも、今回記事にしております「先天性風疹症候群」という、赤ちゃんが患う症候群について描かれています。

子供を授かった男女は大体こういった病気などの勉強はされているでしょうが、風疹の怖さは子を育てるべく生活を送る両親だけでは解決できないところにもあります。

そして、その恐怖は、99%がワクチン接種で防げるという所も特筆すべきでしょう。

「コウノドリ」と言う作品は、そういった風疹の怖さが描かれている漫画でもあるのですが、10月末に一時的に無料公開もされ話題を呼びました。

さらにはテレビドラマ化も2回されており、綾野剛さんや星野源さんの人気も相まってとてもよく見させていただきました。

 

産科医さんが係わる多くの事例に関して特集されておりますが、現在妊娠中の女性にはもしかするとあまりお勧めできないかもしれません。

それよりも、代の男性諸兄が隅々まで目を通してみてもらう必要があるといえるでしょう。

育児参考書や各種小説と同じく、その全てを信じる必要はありませんが、思考のきっかけにはとても良いマンガです。

 

春日神社禰宜として

近年初老を迎えられる方々は、この風疹予防接種を受けてない方が対象です。

来年初老の役を迎える方は、昭和53年生まれの方です。

確実に風疹予防接種は受けていないはずですので、お近くの小児科へご相談下さい。

また、女性の大役に当たる33歳の方も、1回接種の方が多いと思われますので、一度産婦人科や小児科でご相談下さい。

妊娠を考える女性なら、風疹抗体検査が無料で受けられます。

 

厄年とは、人生の大事が起こる役回りの年と言われております。

厄除のお参りを機に、ワクチン接種も是非お考え下さい。

ご自身の身を助けることはもちろん、奥様や町ですれ違う妊婦さんを助けることにも繋がります。

春日神社は、風疹予防接種をオススメしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。